| PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    「iBlast Moki」 - かわいいキャラでパズルアプリ

    iblastmoki_128.png

    iBlast Moki >> App Store




    物理演算パズルというわけではないですが、力の多きさ、方向、タイミングなどを考えながら遊ぶゲームです。
    イラストからかわいい系に大分振っている感じを受けると思いますが、

    だまされちゃぁいけません。実際はかなりパズルパズルしています。
    ステージ数も多いですが(かなり多い!)、
    タイム制限がなくまったり考える事ができるパズルなところがお気に入りです。

    Retinaディスプレイとゲームセンターに対応しています。


    ★ IGN 2009 Awards - iPhone Best Puzzle Game 2009 ★

    ★ Best Mobile Game European Milthon Award 2010 ★



    アイテムを使ってMokiをゴールへ導くのが基本的流れです。
    複数の爆弾であったり、違うアイテムであったり、Moki的な対象が二つ以上いたりとやりごたえタップリです。



    IMG_1046.png

    ほんわかしてます。。




    IMG_1041.png

    爆弾を爆発させ、赤いグルグルへと誘います。
    この爆弾の周りの赤い○をくるくる回すことによって爆発させるタイミングを指定することができます。
    小数点の百分の一の位まで指定することができますが、このタイミングが後々のシビアな面をクリアするのには必須です。




    IMG_1042.png

    フラワーを取っていくことによって評価が上がります。ステージを進めるにつれ、爆弾も複数使うことがでてきたり段々と複雑化していきます。




    IMG_1043.png

    評価とはクリア後にもらえるメダルのことで「金・銀・銅」があります。




    IMG_1045.png

    TOP画面からCreationを選択すると自分でマップを作れる編集モードに入ることができます。
    大量にブロックを配置したりすることも可能で、友達を鬼畜なマップで苦しめることも可能です。




    IMG_1044.png

    とにかくボリュームがあります。
    見た目とは裏腹に結構てこずるステージも用意されているのでプレイしていないかたは是非遊んでみてください。
    スポンサーサイト
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | パズル | 13時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    「EB Pocket-Free」 - iPhoneで辞書、Wikiをオフラインで見る

    eppocket_128.png

    EBPocket free >> App Store




    ¥Free

    電子辞書、EPWingビューワです。EPWING対応のアプリはいくつかありますが、愛用しているのはこちらです。
    以前は日夜辞書アプリを求めていたりもしましたが今はこれに落ち着いています。
    EPWING対応の辞書などであれば付属のデータDVD等から直接iPhoneに放り込んで辞書として使うことができます。EPWING版の広辞苑などを入れる事ももちろん可能です。
    EPWINGとは電子出版の共通フォーマットの事で、共通なことにより閲覧ソフトによっては様々なデータを読み込むことができます。

    iPhoneに辞書を転送するにあたって基本的にJailBreakの必要はありません。
    タイトルにWikiを見ると入れましたが、Wikiを閲覧するアプリは山ほどでています。
    ですが、これは オフライン で参照できることが強みです。
    辞書データやWikiデータなどはiPhone本体の容量から考えるとあまり小さくはありませんが、圧縮することなども可能なので、Wiki見るの楽しい!という人にとってはキラーアプリとなり得るでしょう。




    IMG_1028_360.png

    デフォルトでEDICT2という辞書が入っています。これは和英・英和辞書で、もちろんこのデフォルトで搭載されている辞書もオフラインで使用できます。




    <使い方をメモ>

    まずはWikiデータをダウンロードは済んでいるという前提で書きます。
    入手方法は検索すればすぐわかると思います。
    iFunBoxなどのiPhoneへの転送ソフトであればなんでもいいので用意します。
    転送する場合ですが、フォルダ構造に注意してください。

    ifunbox_2.png

    iFunBoxでのファイル構造のスクリーンショットです。私はこのようにコピーし使うことができることを確認しました。


    Photosの中に「iDic」フォルダを作り、その中に「wikipedia」フォルダ(任意の名前)、さらにその中に辞書データ(「WIKIP」フォルダ+CATALOGS)をコピーする。 

    wikiより引用 - iPhoneで辞書






    s-IMG_1026.jpgs-IMG_1025.jpg

    これでWikiがEBPocket上に出てきたと思います。
    串刺し検索とはすべての辞書を含めて検索できるという事です。




    s-IMG_1027.jpg

    FTPクライアントでの転送にも対応しています。

    また左上にちらりと見える設定ボタンがあるように、フォントサイズや行間なども設定できます。
    メイン画面からは設定アイコンは左下にあります。
    上の検索画面ででてきている文字サイズは12ptです。10~24まで選択可能でした。



    広辞苑などを転送する場合かなりファイルサイズが大きい場合がありますが、色々な圧縮ソフトがあるのでそれらを使ってファイルサイズを小さくするといいかもしれません。
    Wiki中毒の方いかがでしょうか。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | iPhone | 20時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    「Dropbox」 - オンラインストレージ、クラウドアプリの使い方

    dropbox_128.png

    Dropbox >> App Store




    大変メジャーなサービスで、オンラインストレージとしてはかなりの優れもので愛用している人も多いと思われます。
    類似サービスのなかでは頭一つ飛び出ている感もありそれにより色んなアプリとの連携機能も充実してきているところが他サービスがなかなか追いつけない状況を生んでいると思います。

    類似しているサービス「SugarSync」はこちらのエントリーで紹介しています。→ 「SugarSync」 - iPhoneアプリ
    魅力を箇条書きにすると、

    ・専用フォルダへファイルを放り込むだけで複数のPCの間で自動的にファイルを同期してくれる
    ・PCには専用クライアントがあるので意識せずに同期することが可能
    ・限度はあるけれどデータの復元が可能
    ・無料で2GBの容量が使用可能で、有料であれば一年間につき$99.00で50GBまで増やせる
    ・PC、iPhone共に比較的安定したアプリ

    共有機能やパブリックリンクなども使い方によってはアイデア次第でいくらでも使い方の可能性を秘めていそうです。



    dropbox_extra_480.png



    誰かを招待してアカウント登録してもらうと紹介した側、された側両方にサービスで 250MB 容量が増えます。
    もしよければこちらの私の紹介リンクからアカウント作成をお願いします → Dropbox 紹介リンク
    容量は少なくて使い勝手が悪くなる事はあっても多すぎることはないですからいくらでも欲しいですしね。

    登録完了後、さらなる容量アップを望むのならWeb画面上であればログインした後の左下プレゼントアイコン(Get Extra Space Free)をクリック。紹介方法が記載されています。





    使い方をメモします。


    <PCにセットアップ>

      1. クライアントソフトをダウンロード→ Dropbox

      2. メールアドレスとパスワードを決めてクライアントソフトをインストール。マイドキュメントに「My Dropbox」ができています。


    たったこれだけを同期したいPC毎に設定するだけで完了です。
    この「My Dropbox」フォルダが自動同期の対象となります。
    差分ファイルだけの同期なので初回以外はファイルサイズにもよりますが、同期にそこまで時間を取られることはない場合が多いです。

    • Publicフォルダは公開用フォルダになります。中にファイルを置くとパブリックリンクも取得することができます。パブリックリンクは右クリック→ Dropbox → Copy Public Link でリンクをコピーできます。

    • Photoフォルダはフォルダ単位での公開となるようです。

    • 青いマークの双方向の矢印は同期中を示しています。緑のマーク一方向の矢印は同期完了を示しています。



    <iPhoneでの操作>

    アプリをインストールした後、初回はメールアドレス、パスワードの入力の必要があります。

    s-IMG_0982.jpgs-IMG_0984.jpg


    左が起動画面、右がメイン画面となります。

    • 画面下部の「+」で、フォルダの追加
    • カメラマークで写真またはビデオの追加
    • 一番右はサムネイル表示


    ファイルを選択すると、

    • チェーンマークでリンクをEmail送信またはリンクをコピーできます。
    • 「Favorites」はファイルを開いたときに画面下部に出てくる☆マークをチェックすることで登録することができ、Favoritesに登録することによってオフラインでもファイルを参照することが可能となります。
    • 一番右を選択する事で他アプリとの連携が取れます。私の環境では「GoodReader,Notebooks、Evernote,iFiles,USB Disk」などがありました。これはインストールしているアプリが人によって違うと思います。





    s-IMG_0983.jpgs-IMG_0981.jpg


    左がSetting画面です。現在の使用率が確認できたり、パスコードロックの設定ができます。
    Local Storageは1GBまで指定することができこれによりオフラインでのファイル参照要領が決定されます。

    右の画面がオフラインでファイルを参照することができなかった画面です。
    オフラインでも確実に見たい場合はFavoritesに登録しておきましょう。



    (複数のPCで使用しているので、iTunesのライブラリがどのPCからでも同一で利用できたらと考えMy Dropboxに置こうかと思いましたが、ライブラリのサイズが予想より大きかったため断念しました。)


    以上、サービスがメジャーになって、メモとはいえ今更のレビューでした。


    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | iPhone | 13時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    「iPhoneを探す」 - 無料になったので、3G&4で使ってみる

    serch.png

    iPhoneを探す >> App Store




    先日のiOS4.2のアップデートに伴ってMobileMeの加入をせずとも「iPhoneを探す」機能が無料で利用できるようになりました。

    何ができるかと言うと遠隔でリモートワイプ(データの消去等)、リモートロック、マップ上で探しているiPhoneの表示、デバイス上で強制的にメッセージを表示、サウンドを再生などができます。

    遠隔で操作する側はPCでme.comから利用したり、iPhoneアプリの「iPhoneを探す」から利用します。
    iPhoneを探す為だけにmobile.meに加入していた方もいるかもしれませんが利用していなかった方には嬉しい限りです。
    というか一回使ってみたかったのが正直な感想です。



    動作条件が iOS4.2を搭載したiPhone 4, iPad, iPod touch(4代目) を使用している場合となっています。
    一見これらの製品以外のデバイスは対象外と思いそうですが旧製品でも使用は可能なようです。
    これらの製品を持っている場合は無料のMobileMeのアカウントを有効化し、iOS4.2がインストールされていれば3Gや3GSなどの旧製品でもiPhoneを探すが利用できるようになります。

    とりあえずやって実際にマップで確認してみたりできたのでメモ。





    <使い方>

    1. iPhoneにMobileMeのアカウントを追加する

    s-IMG_0021.jpgs-IMG_0022.jpg

    メール/連絡先/カレンダーを選択、アカウント追加を選択




    s-IMG_0023.jpgs-IMG_0024.jpg

    mobileme を選択、探す機能をオンにすることによってデバイスへのアクセスの許可を求められるのでOKなら 許可 をタップ。
    MobileMeのアカウントは「Apple ID」のメールアドレスを使用します。




    2. MobileMe から操作

    mecom_cut_256.png

    www.me.com/ にアクセスしてログインします。
    操作画面はシンプルにマップがでてきますが割愛します。表示されているiPhoneを選択するとこのようなメニューがでてきて操作を選択することができます。
    ログインしてから地図の表示までシームレスに表示されました。
    地図は若干誤差がありましたが、自分がどこにいたか、通ってきたルートがわかっている状況でなくす事が多いと思われますので気になりません。
    近くにいればサウンドを鳴らす事も可能なので、ここまで楽に使えるとかなり実用的です。



    s-IMG_0986.jpg

    遊んでみました。メッセージを表示を選択して送信してみたiPhoneの画面です。



    3.iPhoneから探す場合はiPhoneにiPhoneを探すをインストール

    mos_s-IMG_0985.jpg

    アプリを立ち上げるとログイン画面がでてくるので、Apple IDを入力したら無事ログインできたようです。
    「iPhoneを探す」をインストール、設定しているデバイスの一覧が出てきました。
    それぞれをタップするとマップ上にちゃんと表示してくれます。

    現在はVer.1.1にしましたが数回アプリが落ちました。
    また、何度かログインに失敗してその度にID、パスワードを入力しなければならないこともありました。

    ↓ この記事がお役に立てれば、拍手お願いします。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | iPhone | 15時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    iOS4.2 アップデート 変更点まとめ(主にiPhone)

    iOS4.2 >> iTunes



    IMG_0951_360trim.png

    iOS4.2」がリリースされましたね。多くの新機能が搭載されていますので簡単にメモとしてまとめます。



    IMG_0956.png

    ・まずボリュームの変更がホームボタンダブルクリック→左へ2回フリックでできるようになりました。





    con_IMG_0954.png
    ・SMS/MMSの着信音が17曲追加されました。
    着信音は今までは選択肢が少なかったので嬉しいです。
    jailbreakしない限りはSMS/MMSの着信音は変更できませんでしたしね。




    s-IMG_0957.jpgs-IMG_0958.jpg


    ・Safariでのページ内検索ができるようになりました。
    今まではjavascriptにて検索をしていましたが、これにより検索ボックスから検索することができます。




    s-IMG_0960.jpgs-IMG_0959.jpg






    1. 右上の検索ボックスに検索したい語を入力します。
    2. 下へスクロールすると“このページ”内で探す項目がでてくるので選択すると、ページ内の検索したい語がハイライトされています。






    その他のアップデート内容は以下です



    • MobileMeのiPhoneを探す(iPhone 4,iPad)
    • AirPrint 無線LAN経由でプリンターに直接プリント出力が可能
      この記事を書いている時点ではHP Photosmart Premium C310cなど3機種に対応という状況のようです。
    • 連絡先ごとに着信音を個別設定可能
    • AirPlay
    • 「ボイスメモ」のアイコンが新しくなった
    • 「SMS/MMS」内で「FaceTime」の項目出現 
    • 「メモ」のフォントが3種類追加
    • YouTubeビデオの評価付加機能に対応
    • 特定の操作により連絡帳の内容が閲覧できるバグフィックス


    等があります。
    Macがあれば共有プリンタ機能でAirPrintに対応していないプリンターでもAirPrintが利用可能のようです。





    ちなみにiPadは
    ・AirPlay
    ・マルチタスキング
    ・フォルダ管理
    ・スクリーン回転ロックと明るさの調節
    ・Game Center機能
    ・Spotlight検索
    などが追加されました。
    もっていないので確かめようがないですが、画面回転ロックボタンがミュートボタンに変更されたようです。





    アップデートをして私の環境で感じた事はWiFiの電波の掴みが良くなった気がします。
    デスグリップは恐らく改善されていないと思います。
    できれば3G、3GSも「iPhoneを探す」機能に対応してほしいですねー!
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | iPhone | 01時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。