| PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    iPhone - 着信音の設定 mp3とm4r

    128_20101103014332.png

    iPhoneの着信音を好きな曲に >> iPhone Tips





    iPhoneにプリインストールされている着信音はかなり少ないので、自分で着信音、着メロを設定したいと思うでしょう。
    やり方を簡単におおざっぱに説明します。

    「iPhone Ringtone Free」 などと検索するとフリーのiPhone用の着信音をダウンロードできるサイトがいくらでも出てくるので、音源は用意できていると仮定しての説明です。
    コチラのようにフリーの着信音を配信しているサイトがたくさんあります。→ iPhone 着信音泉さん

    ※iPhoneの着信音は「40秒」以下でないと着信音として設定できないようですので注意が必要です。
    ※現段階ではメール着信音はJailBreakしないと設定できません。



    ・音源が “m4r” の場合

    iTunesを立ち上げ、ドラッグアンドドロップでiTunesに放り込みます。

    cut_ringtone_1_480.jpg




    そしてiPhoneの同期の設定で「着信音」にチェックを入れて同期するだけです。
    同期が完了したらiPhone側の設定→サウンドに放り込んだ着信音が出てきます。

    cut_ringtone_3_480.jpg




    ・音源が “mp3” の場合

    編集→設定→一般 からインポート方法を “AACエンコーダ” に設定します。

    cut_ringtone_2_480.jpg




    次にライブラリにmp3ファイルをドラッグアンドドロップで入れた後に、「右クリック→AACバージョンを作成」でm4aファイルを作成します。

    cut_ringtone_4_480.jpg




    出来上がったm4aファイルをデスクトップなどに移動して、m4rに拡張子を書き換え再度iTunesに放り込みます。
    これで着信音として登録されますので、同期すればiPhoneに着信音として設定する事が可能となります。

    cut_ringtone_5_480.jpg

    m4rを作成した後はライブラリにあるmp3が邪魔な場合は削除してしまいましょう。
    スポンサーサイト
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | Tips | 12時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    iPhoneのメール 文字化け

    mail-000.png
    iPhoneで受信したメールの文字化け
    >> iPhone Tips






    【iPhoneで受信したメールが文字化け】
    Xperia(SPモード)からのメールを受信した際、文字化けしていました。
    応急措置的な対応としては、「返信」から作成された引用部分で相手のメールが表示されました。
    それでもダメな場合はWebメールに転送すると読めるかもしれません。←コレは試していません

    【iPhoneで送信したメールが文字化け】
    iPhoneから送るメールはUTF-8という文字コードになる場合があります。JIS(iso-2022-jp)やUnicodeを自動判別しているらしく勝手にUnicodeで送られると相手のメーラーによっては文字化けします。
    対策としては

    ・相手のメーラーのエンコードオプションでUnicodeを指定してもらう。

    ・絵文字を入れる。絵文字を入れることによって本文を強制的にJISコードにするようです。引用→価格.com
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | Tips | 14時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ドコモからiPhoneへの電話帳の移行

    ドコモの電話帳の移行 >> iPhone Tips



    iPhoneを買う度にしている作業なのでメモ。

    この作業は店頭ではやってくれないので、自前でするしかありません。
    やり方は色々あると思いますが、ここでは「ドコモケータイ datalink」というソフトを使っての移行作業を記します。
    自分の携帯電話に対応したUSBデータリンクケーブルが必要です。ケーブルによって対応機器が違うようなので注意が必要です。
    ケーブルがない場合も後述しますので下の方にすっ飛ばして読んでください。
    ドコモケータイdatalinkからソフトをダウンロード(無料)&インストールしておきます。
    ドライバもあてて携帯電話がちゃんとPC側で認識できる状態にしておきます。


    1.datalinkを立ち上げたら右上のパソコンの絵が描かれたボタンをクリックして携帯に入っている電話帳を読み込みます。

    datalink_top2_480.jpg



    2.datalinkの画面の下の方にあるツールボックスの中の「電話帳」ボタンをおしてデータが取り込めたことを確認し、ファイル→エクスポート→Microsoft Office OutlookでOutlookにデータをエクスポートします。

    datalink_office_480.jpg



    3.iTunesを立ち上げiPhoneを接続したら「情報」の中の「連絡先を同期」でOutlookを選びます。

    iTunes_outlook_480.jpg


    4.同期が完了すれば電話帳がiPhoneに取り込めた事を確認して終了です。

    5.データリンクケーブルがない場合で且つ、月額105円のケータイデータお預かりサービスに加入している方はドコモのHPからログインした後、CSVファイルをダウンロードする事ができます。
    CSVファイルがあればOutlookにもGmailにもインポートする事ができます。(Gmailへのインポートは少しコツがいるみたいです)


    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | Tips | 18時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    iPhone での位置情報、ジオタグ管理

    iPhone >> Setting



    ジオタグとは写真などに埋め込まれているEXIFデータのうちの緯度、軽度などの位置情報データです。
    twitterなど色々なアプリケーションで利用することができコミュニケーションツールとしても面白みが増す要素です。
    iPhoneで言うと、位置情報の提供をオンにしていると、カメラアプリで写真を撮った後、写真アプリで撮影地という項目を見てみると撮影した場所がマップ上にピンとして表示されます。
    写真に位置情報が記載されているのでこの様な事が可能になるわけです。

    便利なのは便利なんですが、自宅での写真をそのままブログなどに載せてしまうとマズイ場合もあるわけで。。

    最近ではある程度浸透してきた問題でもありますが、メモをとりたいと思います。

    iPhoneから位置情報の付加をしないように設定するには、

    設定→一般→位置情報サービスをオフ
    位置情報サービスの設定がグレーアウトしている場合は、設定→一般→機能制限 を参照してみて下さい。

    個別に設定したい場合はその下のアプリごとの一覧から選びます。

    resize0001.png



    また位置情報の確認ポップアップを設定しなおしたい場合は

    resize0002.pngresize0004.png


    設定のリセットから→位置情報の警告をリセット

    resize0003.pngresize0005.png


    パスワードの入力を求められるので、入力すればカメラなど立ち上げた時に再度警告が出てくると思います。




    TwitterやWebアルバム等に投稿する時は事前にEXIF情報を消してくれるのかの確認をしたほうが良いと思います。
    Twitterの場合は位置情報を明かしたくないのなら公式の設定から位置情報の通知を制限する項目があったはずです。
    もしくは面倒ですが、その都度ごとに位置情報のオンオフを設定から手動で行うかですね。
    iPhone用のEXIF VIEWERなどもあるようなのでそちらも使用しながら確認したほうがいいかもです。
    Geotag Editor
    iOSの制約で編集は不可なようですが、参照するにはいいかも?
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | Tips | 01時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    iPhone パケット通信させない APN Disabler

    tools.png

    APN disabler >> iPhone tools




    パケット通信を制限するには APN disabler を使用しています。
    iOS4からモバイルデータ通信という項目があるのでそちらでパケット通信をするかしないかの設定ができますが、私がもっている3GはOSをまだアップデートしていないのでこのプロファイルで制限しています。
    設定→一般→ネットワーク→モバイルデータ通信

    iOS4の場合で、上記項目をオフに設定していても少しパケットがもれる場合があるようなのでこのプロファイルをインストールしておくと安心かもしれません。

    <プロファイルのインストール方法>
    iPhonenodata.comにiPhoneからアクセスして、インストール

    もしくはコチラを保存して、iPhoneにメールを送ります。apn disabler

    IMG_0006.png

    IMG_0013.png

    急遽パケット通信が必要な場合はこのプロファイルの削除をすればいいだけです。
    その後はまた添付ファイルなり、上記サイトからインストールします。

    今更なネタでもどんどん書いていく予定です。


    ちなみに今の3Gの運用ですが、こんな感じです。
    IMG_0005.png

    塩漬けでの運用ですので、3G通信はしません。アプリもオフラインで使えるものが多い&WiFiでの使用ですとかなりバッテリーが持ちます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | Tips | 00時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。