| PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    iTunes アルバムアートワークの表示

    128_20101103014332.png

    iTunes >> Tips





    誰もが カバーフロー を美しく表示させたいと思うことでしょう。
    そんな時、iTunesに取り込んだアルバムの画像がないと表示することはできません。
    「不明なアーティスト」として表示されていたり、画像だけがなかったり。
    そんな訳でこんなメモのエントリーです。↓


    <アルバムアートワークを表示させる方法>

    artwork_1_480.jpg

    ライブラリ→ミュージック で取り込んだアルバムを表示させます。
    CDからリッピングしてiTunesのライブラリに突っ込んでもこのように画像が表示されていない場合があります。




    artwork_cut 2_480

    右クリックして「アルバムアートワークを入手する」をポチっとクリックします。
    「アルバムアートワークを入手してもよろしいですか?」と聞かれ、アルバムの情報をApple社に送信する旨を尋ねられますので、「アルバムアートワークを入手する」の方をクリックします。
    この作業の度に毎回聞かれるので、面倒な人は次回から確認しないにチェックを入れるといいでしょう。
    するとデータベースに照会され、アルバムアーティストが正常に認識されると画像を取得することが可能です。




    artwork_3_480.jpg

    正しく取得すると上のように表示されます。




    artwork_4_480.jpg


    稀に、マイナーなアーティストだったり、インディーズのアーティストだったりデータベースの網羅している範囲の関係で上記の方法でアートワークを取得できない場合があります。

    そんな時は、Googleイメージ検索でもかけて、アートワークにしたい画像を一回ダウンロードします。
    アルバムを 右クリック → プロパティ から右下のアルバムアートワークと書いてある四角の枠の中にダウンロードした画像をドラッグ&ドロップします。
    これで大抵は表示されているハズです。
    スポンサーサイト
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | ソフトウェア | 02時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    EXIFデータ&ジオタグ編集 フリーソフト

    EXIFデータ&ジオタグ編集ソフト



    こんなエントリーを書きましたが→ iPhone での位置情報、ジオタグ管理

    iPhone本体の設定やらを書き留めましたが、編集&削除をPCで行う際のフリーソフトを紹介します。

    使っているものは以下のものです。
    ・Exif Reader
    ・画像×Google Map
    ・geosetter

    スクリーンショットを掲載します。

    「Exif Reader」
    exifreader.png




    「画像×Google Map」
    gazou_x_googlemap_480.png




    「geosetter」
    geosetter_480.png



    geosetterでジオタグがついていない写真を読み込んだ後、右側のGoole Map を参照して地図上でジオタグをつけたい場所をクリック。
    赤いピンがつくと思うので、もう一度クリックするとこのようなメッセージがでます。
    geosetter_pin.png

    「選択位置にイメージを反映」をクリックした後保存すればジオタグの追加は完了です。

    逆にジオタグを削除する場合はgeosetterで説明しますと、
    メニューの少し下に「指定画像の日付と場所を編集」とありますのでそれをクリック
    緯度、経度の情報を削除 → 実行 →変更の保存

    以上でジオタグは消えているかと思います。




    上記のやり方で確実に消えているかは保証できませんので、それぞれの環境での確認をしておかないと個人情報の流出も考えるとジオタグを編集した場合は他のソフトなどでも確認することをオススメします。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | ソフトウェア | 14時01分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。