PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    「Boxcar」 - Twitterをプッシュ通知。便利に使いこなす必須アプリ

    boxcar_128.png

    Boxcar >> App Store




    \Free

    TwitterのTL、リツイート、リプライ、ダイレクトメッセージなどをプッシュ通知で知らせてくれるすごく便利なアプリです。

    使用している人も大変多い有名な 「Twitterを快適に使うための補完アプリ」 という位置づけになるでしょうか。
    さらに言えば、連絡用途にTwitterを使用している環境で自前でプッシュをもっていないTwitterクライアントを使用しているなら必須かもしれません。
    メールやFacebookにも対応していますが、メールはGmailをフィルタをかけて通知させるような設定が必要になります。
    1アカウントは無料で使うことができ、その他追加でメールやFacebookを使用する場合、追加課金という形態をとっているようです。

    とりあえずはTwitterで使う説明を↓


    <使い方>
    s-Picture 26s-Picture 27


    最初にアプリを起動したらプッシュ通知の許可 “OK” 、サインアップ画面では “This is my first time” を選びます。




    s-Picture 28s-Picture 29


    ログイン用の適当なメールアドレスとパスワードを決めて入力します。そしてサービスを選択。




    s-Picture 30

    Twitterに飛ばされて認証せよと促されますのでそのままログイン→許可します。(OAuthでの認証のようです)




    s-Picture 34

    しばらくするとBoxcarの画面に戻りますので、使用しているTwitterクライアントを指定します。




    s-mos_Picture 35s-Picture 36


    右の画面がメイン画面になります。ここにメッセージが並びます。
    ですが、Boxcarのメイン画面はあまり起動することがないかもしれません。




    s-mos_Picture 33


    この画面で何を通知するかを選択することができます。
    TLをオンにしているとツイートが流れる毎に通知されるという凄まじいことになると予想できるのでオフがおすすめです。
    メイン画面から “Settings” → “Add and Edit Services” と辿っていくと設定できます。





    boxcar_dialog.png
    実際に通知されるとこのようにダイアログがロック画面にも表示されます。
    こちらのダイアログから直接Twitterを起動することができます。
    バッジ表示も可能です。
    “Real-time Notifications”と紹介されていますが、表示には多少のタイムラグがあるようです。
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | iPhone | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://huro10.blog76.fc2.com/tb.php/49-684f9b69

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。