PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    iPhone はじめてのフリック入力入門

    フリック入力 >> 基本操作



    IMG_0944_360.png

    iPhoneを購入して最初に戸惑うところは文字入力ですが、この日本語テンキーでのフリック入力に慣れてしまうとほかの携帯端末での入力がおっくうになるほど楽ですので、是非この機会に使用してみることをおすすめします。

    iPhoneでの入力方法はもちろんタッチパネルでの入力方法となります。
    デフォルトでは「英字キー、日本語テンキー、日本語フルキー」の状態になっています。
    携帯電話のような数字ボタンでの入力は日本語テンキーの入力になります。

    こんな説明はいらないしただ練習がしたいだけなんだよー!という場合はコチラへどうぞ
               ↓
    フリック入力が早くなる練習アプリ - iPhoneアプリ


    1. 入力方法の切り替え

    s-IMG_0934.jpg

    左下の地球儀のようなマークを押すと入力モードが切り替わります。
    長押しすると選択キーボードがポップアップされます。

    素早くタップ→スライド(目的のキーボード)する事で軽快な切り替えが可能です。”
    選択したい言語の位置を覚えさえすれば長押しよりこちらの選択方法が楽&早いと思います。







    2. フリック入力の操作

    s-IMG_0931_20101119160637.jpg

    携帯での入力に慣れているとさほど考えることもなく慣れるでしょう。
    入力したい語の五十音順のア行が表示されているのでタップすると四方にイウエオ行が表示されます。



    s-IMG_0932.jpg

    そして押したまま目的の語へスライドし、指を画面から離します。




    s-IMG_0933.jpg

    こうしてタップ→スライドというように繰り返すことで文字入力ができます。
    ボタンを連続タップすることで携帯電話のような入力方法も可能です。






    3. 好みのキーボードの追加&編集

    s-IMG_0935.jpg

    キーボードの追加&編集は
    設定 → 一般 → キーボード → 各国のキーボード → 新しいキーボードを追加
    で設定できます。

    オススメとしては日本語フルキーは外してしまうほうがいい気がします。
    私はローマ字打ちをする事が少ないので削除しました。
    キーボードの種類は少ないほうが入力時の動作の軽快度にも影響する可能性がありますし、切り替えの選択幅も少ないほうが楽です。



    次のステップとしてこちらをどうぞ → フリック入力が早くなる練習アプリ - iPhoneアプリ
    関連記事
    スポンサーサイト
    この記事をはてなブックマークへ追加する この記事をTwitterでつぶやく この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をdel.cio.usへ追加する この記事をYahoo!ブックマークへ追加する この記事をlivedoor clipへ追加する

    | 基本操作 | 19時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://huro10.blog76.fc2.com/tb.php/58-55b4ae11

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。